動脈硬化を防ぐサプリは?血液サラサラ成分が良い!

動脈硬化サプリランキング

コレステロールや中性脂肪などの脂質過多や高血圧などが原因で、血管が詰まったり破れてしまう動脈硬化。放っておけば、いつ心筋梗塞や脳卒中を起こす引き金となるかわかりません。しかし、薬漬けの生活をするのはかえって不健康と心配する人もいるでしょう。

 

動脈硬化になる前の予防はもちろん、改善のためにも役立つ健康成分に注目してみませんか?薬を服用している人は医師との相談が必要ですが、最近では非常に優秀なサプリメントが開発されるようになりました。

 

動脈硬化改善に人気の成分として青魚のDHA・EPA、納豆のナットウキナーゼなどが挙げられます。どれもサラサラ作用をもちます。

 

青魚博士の特徴

青魚博士は、魚油由来のDHA&EPAを1日分に700mg含有したサプリメントになります。DHAを200mg、EPAを500mgずつ含まれており、閉塞性動脈硬化症・高脂血症治療薬にも使われるEPAは業界トップクラスの含有量になっています。また、公益財団法人のJHFA認定の製品のため、品質・安全性も保証され安心して飲むことのできる魚油サプリメントです。

価格 4400円
評価 評価5
備考 EPA500mg含有

 

美健知箋 EPA&DHAの特徴

美健知箋 EPA&DHAは、ユンケルでおなじみの佐藤製薬が開発したサプリメントです。1包に750mgと高配合されたDHA&EPAは、特許を取得した製法でつなぎ目のない飲みやすい小粒のソフトカプセルになっています。従来の2倍の速さで溶けるから、吸収力にも違いを期待できるでしょう。分包で携帯性に優れているので、血中の脂質濃度を下げる働きを持つオメガ3脂肪酸を簡単に摂取できるのも魅力です。30日分が通常6,480円のところ、定期購入なら初回は1,000円と大幅割引価格になります。

価格 6480円
評価 評価4
備考 EPA200mg含有

 

ルックルックDHA・EPAプレミアムの特徴

ルックルックDHA・EPAプレミアムは、マグロ100%由来のサプリメントです。魚由来のさらさら成分は、魚離れが進んだ日本人にとってはまたとない成分。しかも日本人が大好きなマグロ100%由来なら、ますます嬉しいですね。成分を酸化させないよう、特許製法が用いられたルックルックDHA・EPAプレミアムは、すばやい吸収力のカプセルにも工夫が活かされています。約1ヶ月分が通常2,160円のところ、定期コースなら初回1,280円になります。

価格 2000円
評価 評価3
備考 EPA77mg含有

 

動脈硬化予防に良いフルーツあるの?

 

動脈が硬くなってしまったり狭くなってしまっている状態になると動脈硬化と診断されることになります。この動脈硬化は大まかに分けると2つの種類に分かれます。
まずコレステロールなどのような脂肪が動脈の内壁に付着してしまっていることで、血管内部が太くなり、血液があまり流れなくなってしまうアテローム性動脈硬化といわれるもの。そして二つ目は、細めの動脈が硬くなってしまう細動脈硬化といわれるものです。

 

アテローム性動脈硬化の場合は、どろどろになってしまっている脂肪が溜まってしまって、流れる血液が減少してしまいます。そのため、脳や心臓に血液が送られにくくなってしまって、狭心症や心筋梗塞などのような病気になってしまうこともあります。ですので、少しでも早く発見する必要があります。

 

次に細動脈硬化というのは、血管が細いですから、動脈が硬くなってしまっていることで、血管が破れてしまうリスクが高くなります。脳で細動脈硬化になってしまい、血管が破れてしまうと脳卒中になってしまう危険性があります。

 

動脈硬化の原因や予防について
動脈硬化というのは高血圧になってしまっていたり、糖尿病や肥満、年齢、喫煙、コレステロールや脂肪分の摂取しすぎなどが原因になっています。ですので、動脈硬化の予防をしたいのであれば、コレステロールや脂肪の摂取を控えるようにして、反対に果物や野菜を食べるようにしましょう。

 

さらにアルコールや塩分を摂取しすぎてしまうと、高血圧になりやすくなってしまいますので、アルコールや塩分もあまり摂取しないことが大切です。また、肥満やストレスを解消するためにも、日々適度に運動をするという習慣も取り入れるようにしましょう。

 

動脈硬化予防が期待できるフルーツとは
動脈硬化予防が期待できるフルーツとして、りんごやアボカド、スイカ、桃、杏、パパイア、バナナ、オレンジ、キウイ、洋ナシ、イチゴなどがあります。この他にも、ペクチンという食物繊維も動脈硬化を防ぎやすい作用があるといわれていますが、このペクチンはキウイやイチゴ、りんごなどに多く含まれているので、普段から食べるようにしたいところです。

 

そして、βカロテンが多く含まれているスイカやマンゴー、メロンなども食べるようにするといいでしょう。このβカロテンというのは、強い高酸化作用がありますから、血管の老化を防ぎやすくすることが出来るようになります。

 

動脈硬化改善のために生活習慣の見直しを!

 

血液の中に含まれているコレステロールが動脈の血管内にこびりつくことで、血管内部が狭くなってしまっていることを動脈硬化と呼びます。いくら健康体だとしても、少しずつ血管などが老化をしてしまうものなのですが、高脂血症になってしまっていると、それだけ血液中の脂肪が多くなっているということになりますから、動脈硬化になりやすくなってしまいます。

 

血液中のコレステロールが増えてしまっていると、それだけ動脈硬化の進行スピードも速くなってしまい、動脈が破れてしまう可能性が高くなってしまいます。動脈硬化になってしまうことによって、心筋梗塞や狭心症などのような心疾患を発症してしまうことも多いです。

 

特にコレステロールが溜まってしまって粥状硬化といわれる動脈硬化になってしまうと、心疾患に発展してしまいやすくなります。以前は動脈硬化になる日本人というのはそこまでいなかったのですが、食文化に変化が現れたことによって、日本人で動脈硬化を発症してしまう人はとても多くなりました。

 

動脈硬化が悪化してしまって、血管が詰まってしまったら、その先に血液を供給することが出来なくなってしまい、細胞や臓器が機能低下したり死んでしまいますし、心臓の動脈に血栓ができてしまったら心筋梗塞になってしまいます。

 

コレステロール以外にも色々な要因によって心筋梗塞などのような危険な病気になる確率を高めてしまいます。特に高脂血症といわれる生活習慣病と動脈硬化の合併症は特にリスクが高くなっているといわれています。150mg/dl以上のコレステロール値を維持してしまっていると、心筋梗塞になるリスクも高くなりますそして、総コレステロール値が220mg/dl以上になったら発症リスクが加速的に高くなってしまうのです。

 

この他にも、中性脂肪値が高くなってしまっていると血栓が生じやすくなってしまうほか、動脈硬化を悪化させやすくなってしまいます。運動不足になっていたり、過食をしてしまっている人になるほど、高脂血症の発症リスクが高くなってしまいます。自覚症状は現れにくいのですが、動脈硬化と高脂血症をそのままにしてしまっていると心筋梗塞などになってしまうこともありますので、血液検査は定期的に受けて、高脂血症になってしまっているのであれば速やかに対策をしていくようにしましょう。

更新履歴